アコム増額を断られた!そんな時の対処方法は

demerito

最近では消費者金融への規制が強まる傾向があって、借入限度額が50万円を超える場合は、審査が急に厳しくなると言われています。

アコムで増額申請が断られたときは、最近の利用状況をチェックしてみる必要があります。

アコムで増額できない理由として考えられるのは、まず他社からの借入があって、収入とのバランスが取れていないことです。

借入の総額が年収の3分の1を超えていれば、総量規制のため新たな融資は受けられません。3分の1以下であっても、借入額や件数が多いと、お金にルーズな人と見なされることがあります。

このような場合には他社からのローンを完済することが、アコムで増額する方法になります。

1日でも返済が遅れたことがあると、アコムでの増額は難しくなります。通常は何回も延滞を繰り返さない限り、個人信用情報には記録されません。

しかしアコム内部の記録には残っているため、信用度が下がってしまいます。このような場合は確実な返済を続けて、しばらく時間が経ってから再び増額を申請しましょう。

利用実績が少なすぎることも、増額を断られる理由になります。契約しただけで借入や返済をしていないと、信用度を判断できませんし、金融会社にとっては良い顧客とは言えません。

増額を希望するなら、少なくとも数か月は借入と返済を繰り返す必要があります。

ただし限度額いっぱいまで借入をすると、お金に困っていると見られる可能性があるので、ほどほどで留めておくのがポイントです。

アコムに増額を断られた!審査が落ちた理由とは?

アコムからお金を借りる事が出来ているが、今度は借りる事が出来る限度額が足りなくなってきたのでもっと増額したいという場合もあります。

そのような場合は再び審査を受けた上で増額が可能かどうかを判断し、無事に通過する事が出来た場合は増額となりますので場合によってはアコムの増額の審査に落ちたという人も出てきます。

それではアコムの審査に落ちたという人はどんな事が問題として考えられるのか、その理由をいくつか述べます。

まず、既に総量規制の限度額まで融資可能額が達している場合は断られてしまいます。それは年収の三分の一を超える場合ですが、他社での借入と合わせてなのでアコムでは年収の三分の一を超えていなくてもダメです。

総量規制の問題だけには限らずに、他社での借入については分かってしまうので注意した方が良いです。

中には内緒にしていればどうせバレないだろうと考える人もいるかもしれないですが、そうした情報は基本的に消費者金融の間で信用情報機関を通して共有されているのですぐに分かってしまうのです。

返済に問題があった場合についても断られてしまう可能性が高いです。きちんと約束を守れない人に対して融資額を増やしたらお金を上げてしまうようなものなので、これは当然と言えば当然です。

その他にはほとんど利用していないのに申し込みをした、契約を結んでからまだほとんど時間が経っていない、審査を行った際に虚偽の情報が見つかった、などと言った事も審査を落とされる原因として考えられます。