プロミスの延滞を アコムで増額?他社で借り入れ?

damedame

プロミスの返済が延滞しそうな場合、他社から借りて返済に充てようとする方もいるでしょう。

借金を借金で返済する場合、一時的に問題が解決したように錯覚しますが、新規のローンにも利息が発生します。

支払いを一時的に先延ばししたにすぎず、すぐに新規ローンの返済日も迫ってきます。

プロミスの延滞をアコムで解消することは可能ですが、遅延情報が個人信用情報機関に登録されている状況だと、アコムで新規の借入・増額ともに落ちてしまう可能性が高いでしょう。

アコムで増額をする場合も、新規借入とは別に増額審査が必要となります。増額分の返済能力を有していなければ借りることはできないのです。

無理な借入をして困るのは自分ですから、追加融資を受ける前にはシミュレーションをしてください。アコムは追加で借入することが可能ですが、追加で借りた分だけ毎月の返済額は増えてしまいます。

返済が長期化すると利息も増えてしまうので、ここはよく考えておきましょう。

アコムで増額を受けられない場合は、他社で借り入れをしてプロミスの返済に充てるという手もあります。この場合はプロミスより低金利で借りられるローンを見つけるべきでしょう。

低金利ローンを見つけたら、プロミスの借り入れ分を一括返済することも考えましょう。低金利ローンに乗り換えすれば利息が減るので、返済は確実に楽になります。

返済が厳しいという方こそ、今よりも低金利で借りることを重視してください。金利が低いと利息が減りますが、逆に困ることは何一つないのです。

おすすめのフリーローンの借り換え方法

借りているお金をフリーローンに借り換えする場合は、なるべく銀行や信用金庫のローンを選ぶのがおすすめです。

銀行の場合は、審査や借入までに時間がかかりますが、金利が低いですし、総量規制対象外なので、収入の3分の1以上の借入ができるからです。

借り換え目的でフリーローンを利用する際には、複数の会社を利用している場合があり、ある程度まとまった金額が必要になると思われますので、借入金額がある程度大きくなる方がいいでしょう。

フリーローンは、返済専用のローンですので、追加の融資ができないことから、金利が低く優遇され、借入限度額も大きくなる傾向にあります。

返済については、当初に決めた通りの返済年数と回数の通りに支払います。繰上返済をしたい場合には、事務手数料がかかるので、なるべく手数料の金額が低い所を選ぶといいでしょう。

銀行に申し込む場合は、預金口座の開設が必須となる所が多いです。申し込みと同時に口座を開設する場合は、手続きに時間がかかることがあり、審査に通っても実際に借入が可能になるまで、数週間かかることもあります。

借り換えを急ぐ場合には、メインバンクから選択した方がおすすめです。店舗がある銀行の場合は、フリーローンの申し込みや契約を店舗の窓口で行う必要がある所もあります。

窓口に出向く時間のない方の場合は、ネット専業銀行のフリーローンもおすすめです。書類や契約書の提出は郵送でのやり取りになりますので、最も早くとも借りるまでに1週間程度はかかるでしょう。

フリーローンは、使用目的を限定せずに使えるローンですが、目的が分かる明細等が必要になります。

借り換え目的の場合は、ローンの残高証明の書類を提出するように指示されるでしょう。ただ、銀行の中には、使い道が分かる書類を提出しなくても良いとする所もあります。

本人確認の書類と収入証明書の提出で済むので、書類の用意が面倒な場合はとても便利です。