アコムは増額に対して甘い!?

531249

アコムでお金を借りられるようになったとき、定期的にアコムから連絡が来きます。これは、住所や勤務先に変更がないかの確認のためのものなので、特に気にする必要はあります。

その連絡の中で、増額をするかしないかの確認があります。このとき、増額には特別な条件はなく利用できるので、今後のことを考え、増額依頼すると良いでしょう。

この連絡が来るのは、一定期間アコムに登録していること、滞りなく返済できていること、信頼関係が構築できていることが条件となります。だから、電話で増額するかの連絡が来たときは、すでに条件を満たしていることになります。

アコムで審査を受けたときに、もう少し借りられるようにと増額をお願いしても聞き入れてもらえませんが、しばらく利用していれば増額は可能なので、焦らずに機を待つことが得策となります。

数ある消費者金融の中でも条件が甘いので、普通に利用していれば誰でも増額することができます。

自分から依頼する場合、条件を提示されるかもしれないので注意しましょう。ですが、基本的に条件は甘いので、問題なく聞き入れてもらえる可能性が高いです。

一定額以上を希望する場合は、源泉徴収票を改めて提出するようお願いされるかもしれないので、準備だけでもしておくと良いでしょう。

まとめると、カードローン借り換えという手段もある中でアコムでの利用金額を増額したい場合は、利用期間が長いこと、問題なく返済していること、それによって信頼されていることが条件となります。

後は、アコムから連絡が来るのを待つか、自分から依頼すると良いでしょう。

増額はいつからできる?アコムの審査とプロミスの審査

003

アコムにしてもプロミスにしても消費者金融の多くは限度額に対して金利が連動する仕組みとなっています。このため限度額を増額してもらうことで同時に金利の引き下げも受けることができお得にお金を借入れることが可能になります。

アコムもプロミスも多くの場合には初回契約時には50万円以下の限度額からスタートします。

これは貸金業法の規制で50万円以上の借り入れでは収入証明書が必要になるためで、即日審査即日融資は原則として50万円以下に設定されます。

アコムとプロミスともに増額はいつから行えるのかといえば、継続的な利用を1年以上とした場合です。このさいに延滞などの事故が発生しておらず、消費者金融側から信用できる顧客であると判断されれば規制の範囲内で増額が可能です。

消費者金融など貸金業者は法律で原則年収の3分の1以上の融資は行えないことになっており、つまり年収が100万円とした場合には33万円までしか借り入れができません。このため年収の3分の1が限度額といえます。

アコムやプロミスで増額を行いたい場合には、アコムやプロミス側からの案内を待つか、申し込むことになります。このさいに再審査を受けることになります。

審査内容は契約内容に変更がないか、延滞などの事故がないか、年収の3分の1以内であるか、などです。

また50万円を超える借り入れでは収入証明書の提出が必要になるため、それらも行う必要があります。

ただし増額申込みをしたさいに問題があると判断されたさいには減額されるリスクもあるため注意が必要です。

アコムの増額審査の時間は申込からどれくらいで結果が分かる?

money2

アコムは大手消費者金融会社です。知名度が高いため、安心して利用することが出来ます。

アコムのキャッシングは、初めての借り入れ時は金利が30日間0円と言う嬉しい特典付きで、20時までに申し込めば即日融資が可能です。申し込み後最短30分で審査結果が分かるため、急いで融資を受けたい人にとってはとても便利です。

しかしキャッシングには利用限度額と言うものがあります。もし借り入れが限度額に達してしまった場合には、増額が可能です。アコムで増額を受けるためには、審査に通過する必要があります。

増額の審査内容は、アコムの利用歴や返済実績、他社からの借り入れなどについてです。

アコムでは半年に一度増額審査を行っているので、こちらから増額を申し込めばアコムで審査をし、結果を知らせてくれると言う流れになります。

増額審査には、本人確認書類と場合よっては収入証明書が必要になります。これらを予め準備しておき、申し込みを行います。

基本的に審査の結果については即日回答が出されますが、増額については、より慎重で厳格な審査を要するため数日から1週間程かかる場合もあります。

しかし、もし審査がスムーズにいけば、最短30分程度で終了することもあります。特にインターネットから申し込みをすれば、比較的混雑も少ないのでよりスムーズに審査を受けることが可能です。

そして、混雑が少ない分審査の返答も早く貰えるようになります。いずれにしても、ある程度の余裕を持って申し込むことが大切です。